CRPS(複合性局所疼痛症候群):12級13号(20代女性・長崎県)

⑴ 事故の概要と障害内容
前方渋滞中での追突事故。事故直後より、左上肢、環指、小指の激しい疼痛が出現。さらに、冷感、指関節の拘縮症状が現れ、CRPSが疑われた。

⑵ 認定上の問題点と着眼点
既に任意一括社による事前認定により、「局部に神経症状を残すもの」として、14級が認定され、異議申立(再申請)をご希望されておられた。CRPSが自賠責において認定されるには、骨萎縮・皮膚の変化(皮膚温・皮膚の委縮)、関節の拘縮の全てが揃っていなければいけません。どれか一つが欠けても認定に至りません。しかしながら、本件では医師がCRPSと認定しないという特殊なケースでした。

⑶ 立証作業
某大学病院麻酔科ペインクリニックに付添同行のうえ、医師とお話をさせていただいたものの、CRPSそのものを否定的であり、後遺障害診断書にもその傷病名は記載できないと言われる。しかし、単純XPにおける左手指の骨萎縮像、サーモグラフィー検査による3度以上の温度低下、指関節の可動域制限も右手指の2分の1以下であること、さらには、神経伝導速度検査により、尺骨・正中神経の伝導異常ありとの結果を後遺障害診断書に記載していただきました。なお、傷病名は、神経障害性疼痛・尺骨神経障害・正中神経障害となりました。そこで、各検査結果を基に文献を添えたCRPSの可能性を示唆する報告書を作成し、被害者請求を行いました。その結果、医師の診断名とは別にCRPSとの要件を満たし、「局部に頑固な神経症状を残すもの」として、12級13号が認定されました。

⑷ 結論と感想
医師の診断において、傷病名の見解はさまざまと思います。本件により、必ずしも、確定した診断名を付ける必要はないと確信いたしました。要は認定要件を満たしているか否かです。
list page page top
不安を抱えた数多くの被害者の方が、ほかの行政書士や弁護士でなく、
「博多総合法務事務所 中川和昭」を選んでいただいている5つの理由があります。
十二分にお話をうかがい、一緒に最善策を探っていきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

営業時間 9:00~18:00

相談専用ダイヤル

0800‐777‐1146

ご対応可能な地域(まずはご相談ください)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(福岡市、北九州市、久留米市、春日市、大野城市、古賀市、宗像市、福津市、太宰府市、筑紫野市、朝倉市、糸島市、粕屋郡、新宮町、久山町、粕屋町、篠栗町、須恵町、宇美町、筑紫郡、那珂川町、朝倉郡、筑前町、東峰村、中間市、行橋市、豊前市、遠賀郡、遠賀町、芦屋町、岡垣町、水巻町、京都郡、苅田町、みやこ町、築上郡、築上町、上毛町、吉富町、飯塚市、宮若市、直方市、嘉麻市、田川市、鞍手郡、鞍手町、小竹町、嘉穂郡、桂川町、田川郡、福智町、糸田町、香春町、大任町、川崎町、添田町、赤村、小郡市、大川市、八女市、うきは市、筑後市、みやま市、柳川市、みやま市、大牟田市、三井郡、大刀洗町、八女郡、広川町、三潴郡、大木町)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、その他