右手関節の可動域制限:12級6号(50代男性・福岡県)※他部位との併合により、併合9級認定

以下は、併合認定であることから、部位ごとに分離してご紹介をしております。

⑴ 事故の概要と障害内容
原付バイクを運転中、右側を併進していた大型トラックに巻き込まれ、右鎖骨・肩甲骨・橈骨遠位端粉砕骨、右拇指中手骨骨折、全身打撲挫傷の傷害を負ったもの。後遺症については、右手関節のの可動域制限。

⑵ 認定上の問題点と着眼点
相談を受けた際は治療から約6ヶ月を経過した頃であり、その後の抜釘術などの治療スケジュールがあり、症状固定までに時間のあるケースでした。相談内容は、「医師とのコミュニケーションが取れず、治療内容も含めて不安」とのことでした。この時、右手関節は完全に強直した状態であるにもかかわらず、主治医からは、「動かないという思い込みが強いんでしょう」と原因追究しないとの不安と不満を抱かれていました。そこで、福岡県内屈指の腕の名医が居られる某大学病院をセカンドオピニオンとして、ご紹介いたしました。紹介した大学病院の整形外科は、身体の部位毎に専門医が常勤しており、医師との信頼関係も構築できていました。クライアント様には肩と腕の専門科を付添同行のうえ、それぞれ受診していただきました。手関節が強直している理由として、橈骨の遠位端に約3mmのズレが生じていることを発見していただきました。

⑶ 立証作業
あらかじめ、肩の主治医に付添同行の際、ご質問をさせていただき、医療照会により、手関節の可動域制限が生じる理由を詳細な意見書としてご回答いただき、被害者請求を行いました。結果は、肩関節の後遺障害について、患側の可動域が健側の3分の2以下となり、「1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として、12級6号が認定されました。※肩関節との併合により9級として認定。

⑷ 結論と感想
セカンドオピニオンの効果的活用とクライアント様の努力により、肩関節は少し動くようになり、結果として可動域制限は残ったものの、職場復帰ができるまでに回復したケースでした。名医をご紹介できて良かったと感じております。
list page page top
不安を抱えた数多くの被害者の方が、ほかの行政書士や弁護士でなく、
「博多総合法務事務所 中川和昭」を選んでいただいている5つの理由があります。
十二分にお話をうかがい、一緒に最善策を探っていきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

営業時間 9:00~18:00

相談専用ダイヤル

0800‐777‐1146

ご対応可能な地域(まずはご相談ください)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(福岡市、北九州市、久留米市、春日市、大野城市、古賀市、宗像市、福津市、太宰府市、筑紫野市、朝倉市、糸島市、粕屋郡、新宮町、久山町、粕屋町、篠栗町、須恵町、宇美町、筑紫郡、那珂川町、朝倉郡、筑前町、東峰村、中間市、行橋市、豊前市、遠賀郡、遠賀町、芦屋町、岡垣町、水巻町、京都郡、苅田町、みやこ町、築上郡、築上町、上毛町、吉富町、飯塚市、宮若市、直方市、嘉麻市、田川市、鞍手郡、鞍手町、小竹町、嘉穂郡、桂川町、田川郡、福智町、糸田町、香春町、大任町、川崎町、添田町、赤村、小郡市、大川市、八女市、うきは市、筑後市、みやま市、柳川市、みやま市、大牟田市、三井郡、大刀洗町、八女郡、広川町、三潴郡、大木町)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、その他