• HOME
  • 自賠責保険について

自賠責保険について

1. 自賠責保険

自賠責保険は強制保険です。 自賠責保険(じばいせきほけん)とは、自動車保険の一種で強制保険とも呼ばれる保険です。
強制保険と呼ばれるように、自動車を保有する人が必ず加入しなければならない保険です。
なお、自賠責保険に未加入、または有効期限切れで車を運行しますと、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられることになりますので注意が必要です。
自賠責保険は人身事故のみの適用 自賠責保険は自動車事故により死傷した被害者の保護救済を目的としているため、物損事故には適用されません。
自賠責保険の補償は必要最小限 自賠責保険は、公的な要素の強い保険。
ですので、補償は必要最小限です。
過失相殺はなし 任意保険の場合、被害者側にも過失があった場合は過失相殺されますが、自賠責保険では過失相殺されません。
page top

2. 自賠責保険と任意保険

自賠責保険は1階部分という考え方 自動車保険は2階建て構造のイメージです。
1階部分を構成するのが「自賠責保険」です。
2階部分を構成するのがいわゆる「任意保険」になります。

自賠責保険は、事故の被害者が必要最低限の補償を確保するための保険です。
一方、任意保険は自賠責保険ではカバーしきれない部分を補償する保険になります。
自賠責保険と任意保険
自賠責保険と任意保険の違い
項目 自賠責保険 任意保険
加入 法律によって車両の所有者に義務づけ 任意加入
目的 最低限の補償を確保する(被害者保護を目的) 自賠責保険の不足分を補う
保険料・補償内容 法令により規定 自分で選ぶ
賠償範囲 対人賠償のみ 保険商品による
過失相殺 なし
(重過失があるときは減額)
あり
(厳格に行われる)
page top

3. 被害者請求と加害者請求

自賠責保険を請求する方法は、「加害者請求」と「被害者請求」という方法があります。「加害者請求」では、加害者が被害者に立て替えて支払った場合、その立て替えた全額は加害者に支払われます。残った差額は被害者側に支払うように自賠責保険へ手続きをするという流れになります。(自動車損害賠償保障法15条)
被害者からも請求が可能 被害者救済を目的とした自賠責保険では、加害者が過失を認めず請求手続きをしない場合、損害賠償費用や治療費を支払わない場合などに、被害者本人が請求することもできます。

また、「被害者請求」で後遺障害等級認定を求めることもできます。
被害者自らが行うので、手続きの透明性は高いものとなります。
page top

4. 自賠責保険の支払基準

自賠責の支払基準は損害別に定められており、「傷害による損害」「後遺障害による損害」「死亡による損害」があります。
傷害による損害(限度額=120万円)
費目 定義・内容 支払基準
治療関係費用 応急手当費・、診察料、 入院料、投薬料、手術料等の費用等 必要かつ妥当な実費
看護関係費用 入院中の看護料
12歳以下の子どもに近親者が付き添った場合
1日につき4,100円
自宅看護料又は通院看護料
12歳以下の子どもに近親者が付き添った場合
医師が看護の必要性を認めた場合
必要かつ妥当な実費
近親者の場合、1日につき2,050円
通院交通費 通院に要した交通費 必要かつ妥当な実費
諸雑費 入院中の諸雑費 入院1日につき、1,100円
柔道整復等の費用 免許を有する柔道整復、あんま、マッサージ、指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は必要かつ妥当な実費 必要かつ妥当な実費
義肢等の費用 義肢、歯科補鉄、義眼、補聴器、松葉杖などの費用 医師が認めた必要かつ妥当な実費
診断書等の費用 診断書、診療報酬明細書などの発行費用 必要かつ妥当な実費
文書料等の費用 交通事故証明書、印鑑証明等の費用 必要かつ妥当な実費
休業損害 事故による傷害のために発生した収入の減少(収入がない者は不可) 1日につき5,700〜19,000円
慰謝料 精神的・肉体的な苦痛に対する補償 入通院1日につき4200円
(【実治療日数×2】と【治療期間】のどちらか少ない方で計算)
後遺障害による損害 限度額:後遺障害等級(14級)による
損害 定義・内容
逸失利益 身体に障害が残って、労働能力が低下したことによって
将来に渡り発生する収入の減少を補償
慰謝料 交通事故による精神的・肉体的苦痛に対する補償
逸失利益の計算方法
 = 基礎収入額 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対応するライプニッツ係数
労働能力喪失率 後遺障害によって失われる労働能力の割合(等級ごとに定められる)
労働能力喪失期間 後遺障害によって労働能力が失われる期間(通常67歳までで計算) ※むち打ち症の場合、12級で10年以下、14級で5年以下に制限される例が多い。
ライプニッツ係数 将来の分まで、一度にまとめて賠償金額を受け取ることにより発生する利息分(法定利息5%)を差し引いた係数
死亡による損害(限度額=3,000万円)
逸失利益 将来得られたであろう収入額より、被害者本人の生活費を控除して算定 下部参照
慰謝料 本人 350万円
遺族の慰謝料
(被害者の父母配偶者
請求者1名 → 550万円
請求者2名 → 650万円
請求者3名 → 750万円
被害者に被扶養者がいる場合
  → 200万円追加
葬儀費 祭壇料や埋葬料、会葬礼状費など 60万円(原則)
死亡の逸失利益の計算方法
 = 基礎収入額 × (1-本人の生活費) × 就労可能年数に対応するライプニッツ係数
生活費 死亡したことで発生しない生活費を基礎収入から差し引き
就労可能年数 死亡しなければ働いて収入を得ることができた期間(通常67歳までで計算)
ライプニッツ係数 将来の分まで、一度にまとめて賠償金額を受け取ることにより発生する利息分(法定利息5%)を差し引いた係数
page top

5. 自賠責保険請求について

自賠責保険には以下のような制度があります。
仮渡金 賠償額が確定しない段階で、被害者が当面必要な出費のために仮請求できる制度
被害者請求 加害者側からの支払、示談成立を待つ必要なく、被害者側から請求して賠償を受けることができる制度
被害者請求を活用する 通常は、任意保険会社による一括払い制度を利用しているため、完全に任意保険会社任せになっている方が多いと思います。
それで十分な補償を受けることができれば良いですが、対応に不満を持たれるケースも数多くあります。
そのような場合は被害者請求を活用して、納得いく治療や将来生活のために備えておくとよいでしょう。
page top
不安を抱えた数多くの被害者の方が、ほかの行政書士や弁護士でなく、
「博多総合法務事務所 中川和昭」を選んでいただいている5つの理由があります。
十二分にお話をうかがい、一緒に最善策を探っていきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

営業時間 9:00~18:00

相談専用ダイヤル

0800‐777‐1146

ご対応可能な地域(まずはご相談ください)

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県(福岡市、北九州市、久留米市、春日市、大野城市、古賀市、宗像市、福津市、太宰府市、筑紫野市、朝倉市、糸島市、粕屋郡、新宮町、久山町、粕屋町、篠栗町、須恵町、宇美町、筑紫郡、那珂川町、朝倉郡、筑前町、東峰村、中間市、行橋市、豊前市、遠賀郡、遠賀町、芦屋町、岡垣町、水巻町、京都郡、苅田町、みやこ町、築上郡、築上町、上毛町、吉富町、飯塚市、宮若市、直方市、嘉麻市、田川市、鞍手郡、鞍手町、小竹町、嘉穂郡、桂川町、田川郡、福智町、糸田町、香春町、大任町、川崎町、添田町、赤村、小郡市、大川市、八女市、うきは市、筑後市、みやま市、柳川市、みやま市、大牟田市、三井郡、大刀洗町、八女郡、広川町、三潴郡、大木町)、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、その他